りか室より

FROM RIKASHITSU

2022/04/25

それぞれのデビュー



2022/04/25

それぞれのデビュー その2

新年度になると、りか室こと事務室にも世代交代が。
年長さんが卒園すると常連さんが一気に減り
一時、静かな時間。
重ねて入園後は私も席を外して保育室や廊下で補助をしている時間が多く、事務室で遊べる時間も少なくなります。
ちょうど進級組のお弁当が始まる頃、だんだん訪問者が増えてきます。
そのメンバーが不思議な事に、昨年度は1度も遊びに来た事がないお友だちや覗くだけで素通りだったお友だちが
以前からから何度もきていたように慣れた様子で遊んでいます。

見てないようで子ども達特権のアンテナでチラッと見ただけで何となく出来てしまうのでしょうか?
お友だちと一緒にくる子、1人でじっくり遊ぶ子、常連さんに付いてくる子、今年度もニューフェイスの子ども達のどんな表情がみられるのか楽しみです。
次々と事務室デビューで入れ替わりがあり、また新しい風が吹きます。

今日の事です。
初めての毛糸のポンポンにトライしたお友だち。
その後完成したポンポンを動物にアレンジの予定。
『かわいくなるかなあ?』と出来上がりが心配な様子。
私が『かわいくなーれっておまじないすれば?』との提案が採用されたようで、何度も呪文のように唱えながら毛糸を巻いていました。
出来上がりは大満足。
本人のこぼれそうな笑顔を見て、またひとつ自信を得るきっかけに
なってくれたかなとこちらも自然と笑顔に。

こちらは数日前。
遊びに来たのは男の子の方が早かったのですが
1つ上の女の子は瞬時に 私が面倒を見なければ!!と思ったのか
自分の遊びはさておき、いろいろと説明をしてくれます。

説明をうけている方は
ん?知ってるけど…。と、感じているのか受け答えがない。
それでも何となく自分のためにしてくれている事は感じているようで
返事はなくても女の子の存在を受け入れている穏やかな空気が
二人を包んでいました。

それぞれ一人遊びではありますが、
ふんわりとした一体感も感じているよう。
こんな一コマでも誰かがいてくれる暖かさに安心感も生まれるのでしょう。
再び園のどこかで会った時に 『あ、この前の子だ』と気が付くかな?でも気付かずすれ違ったとしても、あの日の穏やかな一時は二人心に柔らかな灯を与えてくれた事でしょう。

新年度を迎えると毎年出会うちょっと不思議な現象


2022/02/21

囲いの楽しさ 包まれる心地よさ

2021/12/18

人肌の暖かさ