りか室より

FROM RIKASHITSU

2022/04/25

それぞれのデビュー



2022/04/25

それぞれのデビュー その2

新年度を迎えると毎年出会うちょっと不思議な現象


2022/02/21

囲いの楽しさ 包まれる心地よさ

事務室にある物で子ども達がよく使うのが、私の好きな物の一つである2体のマトリョーシカと、ままごと用にしているミニチュアの台所用品や指人形の動物たち。

狭い事務室でいろいろ広げるには工夫が必要ですが、やりたい事のためには頭をフル稼働させられるのが子ども達。わずかな隙間にきれいに並べて遊びます。
ある日、いつものように
『先生の好きなダルマみたいな人形貸してぇ』
マトリョーシカの発音はなかなか難しく、いろんな呼び名が
あります…
『どうぞ~!』

ん?

その後、カチャカチャする音と子ども同士の楽しそうな笑い声だけが聞こえてきて姿が見当たらない…。

声のする方を覗いたら、何と!私の事務デスクにの下に来客用の丸イスを持ち込み薄暗がりの中、器用に人形を並べ、お母さんになったりお姉さんになったり
適した大きさの人形を動かしながらセリフをあてていました。

こんな狭いところ⁈と思いましたが一緒にしゃがんでみると小さい頃に押し入れを基地にして遊んだ時の感覚を思い出しました。

何となく落ち着くなぁ。
他の人の声が少し遠くに聞こえ、誰からも見られてない。

薄暗いけどいろいろ想像するのも集中出来そうなこの安心感。
適度な距離が心地よく。
ひと時を過ごしてから、また元気いっぱい明るい空の下に走り出していく姿。
いろんな場所でいろんな楽しみ方がありますね。
エネルギーを補うじっくりと静の遊びも反対にパワー全開の動の遊びも。
どちらも思いっきり楽しんでねと、走り出す背中に向かって。