りか室より

FROM RIKASHITSU

2022/04/25

それぞれのデビュー

新年度になり2週間が過ぎました。
幼稚園デビューの3歳児の新入生さんは登園してから遊ぶまでも一苦労です。
靴脱ぐの出来ないー! お部屋どこ? あれ?ママは?
そんな時、年中年長のお友だちが助けてくれる場面を見かけます。
つい1か月前まで、小さい組さん と呼ばれていたのに
ピカピカの花形の名札を付けたみんなはどこか誇らしげ。
顔つきもちょっとお兄さんお姉さんになったようです。

バスから降りて年少さんを靴箱の前までエスコート。
ちゃんと歩幅を合わせて手を引いてくれる後ろ姿に感動します。
ところが少し進むと急に年中さんの歩みが止まりました。
どうしたのかな?気になり、心配しながら見守っていたら
振り返り『せんせー!どこで手を離したらいいのぉー?』
確かに 靴箱は見えるところまで来たけど…。と迷いますね。
手を離さないように気を付けながら精一杯大きな声でちゃんと確かめようとする成長ぶりに感心。
小さいけれど頼もしい背中に向かって
“見事な年中のお兄さんデビューだね。”と、心の中で声掛けた
ある日の登園風景でした。

お部屋 こっちだよ。一緒に行こうね。



2022/04/25

それぞれのデビュー その2

新年度を迎えると毎年出会うちょっと不思議な現象


2022/02/21

囲いの楽しさ 包まれる心地よさ

2021/12/18

人肌の暖かさ